さげもん?、下げ飾り?

  • 2012.02.27 Monday
  • 12:28
2月は逃げると言われますが、気づけば後5日で女の子の健やかな成長を祝う節句雛祭り(3月3日)ですびっくり

雛祭りといえば、雛人形や雛あられ、菱餅、白酒、チラシ寿司などが定番です。

しかし、雛祭りの定番であるひな人形も地方によっては、流し雛や吊るし雛と呼ばれる変わった雛人形や雛飾りを家に飾って雛祭りを祝うところもあります。

実は、地元の福岡にも“さげもん”あるいは、“下げ飾り”と呼ばれている手作りの雛飾りを家に飾って、お雛祭りを祝う風習があります。

特に、福岡県の南部に位置する柳川市を中心に“さげもん”が盛んに行われています。

さげもんは、古い着物の端布を使って縁起のよい「鶴」「兎」「宝袋」「三番鼠」「這い人形」などの人形を縫い上げて、これらの人形の中心に鮮やかな七色の糸で巻いた大小のまりをひもで釣り下げたものです。

実家のご近所で、趣味でこの下げ飾りの作り方を習い、家に飾られている知人が居ます。

その下げ飾りを今朝、見せてもらいました楽しい

下げ飾りその1
この下げ飾りの製作に二年かかったそうです。

下げ飾りその2
ニワトリや鳩、つばめなどの鳥や猫や花、エビなどの生き物やさまざまな縁起物の飾りが手づくりされています。

ひな壇に飾られた雛人形もキレイですが、下げ飾りも本当に美しいです拍手

この雛祭り、日本でいつ頃から始められたのかは詳しくわかっていないそうですが、日本の美しい文化としていつまでも残しておきたい風習です。

時代が移り変わり、幸せの意味や価値も変わってきますが、五月の節句と合わせて子供の将来の幸せを家族みんなで願うという、特別な日があることは重要なことです。


(おまけ・・今日の福岡地方)
紫外線・・・・・おてんき弱い
肌荒れ指数・・・40〜50

紫外線や肌荒れ指数は、昨日と同じですが、花粉情報を見ると九州全域で花粉の飛散が多くなっているようです。

春は、すぐそこまで来ているのかも?しかし、お肌のお手入れに油断は禁物です。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM